目指せ、週休7日制!!!

大阪に住むプログラマー35歳、独身。”陽気なヴァルキリー”です。
33歳の時に、とある理由で13年勤めた会社を辞めると決意(>_<)
無事に円満退職して、第2の人生を歩む事ができるのか…
その過程をリアルタイムにご覧頂ければと思います。

計画 ⇒ 退職の意思表示 ⇒ 退職&休養 ⇒ 次のステップへ
         ↑
        今はココ☆

その他、つぶやきなど

伊勢神宮の前まで…

11/6に三重へ出張に行った際、16時くらいに終わる
だろうから、その後、せっかく三重に来たのだから
伊勢神宮に行こうと思っていたんですが、
そう甘くないですね…

実際に終わったのは18時、伊勢神宮にはもう
入れない時間です(>_<)

仕方がないので、伊勢神宮の前まで行って
帰ってきました(^_^;)

まあ、仕事は毎日きついのでこういう楽しみの
1つくらいあっても良いでしょう(*^o^*)

外宮前の灯ろう
work0001


少し引いたアングル
work0002


伊勢市駅前の灯ろう
work0003


帰りの特急電車ではやっぱりこれでしょう!
work0004

今日は三重へ出張!

今日は出張です。

日帰りではあるものの仕事で外に出るのは
久しぶりです(*^_^*)

行先は「三重」、伊勢神宮を少し過ぎたあたりです。

今日は売買をする時間的余裕はないと思うので、
株価が垂直落下しない事を祈りながら、今から
出発します(^_^)/

週末の度に雨…

8月に入ってから、全ての週末(土日)に雨が降るという
残念な天気となっています。

8月02日(土) 曇り
8月03日(日) 雨
8月09日(土) 雨
8月10日(日) 雨
8月16日(土) 雨
8月17日(日) 晴れ
8月23日(土) 曇り
8月24日(日) 雨

今年の8月はどうなっているのでしょうか…カレンダー通り、
土日が休日の週休2日制で働いている人にとっては
悪夢の様です(>_<)

さすがに、どこにも行く気になりません(^_^;)
晴れてたらバイクで出かけようと思ったんですけどねぇ…

仕方ありません。
バイクでのドライブは9月~11月の暑さがおさまった頃
にしましょうか(苦笑い)

余談ですが、おそらく他の人達も同じ様に考えているでしょうから、
国内消費は猛暑だった去年から明らかに落ち込むんじゃない
でしょうか?
7月~8月の消費増をきっかけに株価が再度、上昇し始めると
思っていたのですが、ここから調整し始めてそれが想定よりも
長引くかもしれませんね…。

心の余裕を失った代償…

少し暗い内容なので、見たくない方はスルーして下さい。

昨日(8/3)は朝から、親戚が集まって母の三回忌がありました。
色々ありましたがようやく一区切りつきました(^_^;)

母の事を思うと、どうしても「ありがとう」よりも、
「ごめんなさい」が先に出てしまいます(>_<)

母が亡くなった2年前、私はその直前の5月~7月の
2か月間、残業に休日出勤と狂った様に仕事を
していて、母とほとんど話せませんでした…
母との時間はもう短いとわかっていたのに…

今から思うと、あの時の私はどうかしてました。
休みを却下され、会社から言われるがままに働き、
母に会いに行けない焦りとストレスを仕事に
ぶつけていました(>_<)

私は普段、あまり判断を誤る事はないのですが、
この時は「なぜ…」と今でも自分が許せません。
今なら、会社にたてついてでも休みを取ります。
明らかに冷静さを欠いて、最悪の判断をして
いました(+_+)
そう…自分が悪いんです。わかっています(T_T)

どんな人でも、心の余裕を失い、冷静さを欠くとどんな判断
をするかわからない…頭ではわかってたんですけどね…
実際に自分の身に降りかかって、その恐ろしさを
身をもって知りました(+_+)

この時はまだ、「ずっとこの会社で働くんだろうな~」と
退職の事など微塵も考えていない時期です。

しかしこの出来事によって、この会社でこのまま働き
続けていいのだろうかと疑問が生じ、転職を模索し
始めるきっかけとなりました。

そして1年半後・・・

転職ではなく「退職(リタイア)」という結論を導き出します・・・

効率的な世界は面白くない!!! ~Part3~

ではでは、連載の最後の第3弾です(*^o^*)
といっても、言いたい事は第2弾まででほとんど言って
しまったので、メインディッシュ後のデザート感覚で
読んで頂ければと思います(^_^;)

私は、アウトドアが大好きです(*^_^*)
最近は忙しくて年に1、2回友達と海に行くのが
やっとですが、昔はよく山や海でキャンプをしました。

私はあまり施設が整っていないところに行く事が多い
のですが、そこでは何をするにも大変です。
食材を買うのも、火を起こすのも、用を足すのも…

でもなぜ楽しいのだろう。
自然の中だから?家族、友達がいるから?
確かにそれもあるでしょう。しかし…

好奇心を満たしたいなら旅行でいろんな場所を
巡ればいいし、ゆっくりしたいなら旅館に泊まればいい。
そんな中、なぜアウトドアなのか?

そこに答えがある様な気がします。
そう…「大変さ」そのものを楽しんでいないだろうか?

言い換えれば、効率化を求められない環境を楽しんで
いるのではないか?…とも言えますよね(^_^;)

ではなぜ、効率化を求められない環境を楽しむ為に
わざわざ不便な場所に赴くのか?
それは効率化を求められるのは、なにも仕事だけでは
ないからでしょう。
生活の中でも、家でゴロゴロしたりパチンコして
怒られるお父さん、衝動買いをして怒られるお母さん、
勉強せずに遊んでばかりで怒られる子供などなど…。

極端でないとはいえ、生活の中においても求められる
「そこそこの効率化」の要求…これが無意識に息苦しさ
とストレスを生んでいるのではないかと思います。

無意識というのがキーで、ストレスが溜まっていく事に
気付かないんですね(>_<)
知らない間に悪化していきます。
「気付いた頃には…ひどい状態に」なんて事はよく
ある事です。(私も経験者です)

なので、アウトドアを楽しむ人は、こうならない対策として利用し、
これまた無意識にストレスを発散しているんでしょう(^_^)/

ここで話をガラッと変えます。
かつて、クロースアップマジックの巨匠ダイ・バーノン氏は
マジシャンのあるべき姿として、こう言いました。

「Be Natural,Be yourself!」 (自然であれ!)

これは、「効率的であれ!」と言っているのと同じです。
マジシャンの動作には全て「矛盾のない理由付け」が
されており、理由を説明できない無駄な動作は絶対に
しません。

例えば、カードを手に持った後、相手に配ったとしましょう。
この時、「カードを持つ」という動作は「カードを配る」
という目的がある為、自然な動作に見えます。
しかしカードを手に持った後、何もせず再びカードをテーブルに
戻せば、カードを持つ動作は明らかに不自然に見えますよね。

この様に、マジシャンは一流になればなるほど、自分の動きを
徹底的に研究しており、その演技は効率化された究極の動作と
言っても過言ではありません。立ち振る舞いから指先の細かな
動きまで、全て計算されていてまさに精密機械の様です。

しかし私は、私生活においてまで、この様な効率化した行動を
取るのも、求められるのもゴメンです(>_<)
だから、あえてこう言いたい!!!

この世界で人生を楽しみたいなら…

「Be Unnatural!」 (不自然であれ!)と。

最初は2部構成にしようかと思ったんですが、
「Be Unnatural」のフレーズが頭に浮かんでしまい、
これを言いたいが為に3部構成にしました。
お付き合い頂き、ありがとうございますm(_ _)m

効率的な世界は面白くない!!! ~Part2~

ではでは、連載の第2弾です(*^o^*)

ネタはズバリ株式相場。
株式相場、効率…と聞いて「まさか…」と思われた方は
勘が鋭いですね。

はい、そのまさかです(^_^;)
ランダムウォーク理論の根拠となっている
「効率的市場仮説」です。

ちなみに、私も少し嫌な予感がしております。株の掲示板
などで、「効率的市場仮説」が議題になると結構
荒れるんですよね…
(ここは掲示板ではなくブログなので議論には
応じかねます。ご容赦下さい。)

さて、そもそも「効率的市場仮説」とは何かというと…

株価は常に企業の価値を織り込んでおり、何か材料が
出ても即座にそれを織り込んで株価に反映される為、
参加者が市場全体のパフォーマンスを上回るのは
不可能である。


という仮説です。

なぜ数々の掲示板でこの仮説が議題に上がると荒れるかというと、
「参加者が市場全体のパフォーマンスを上回るのは不可能」
という事は「指標等を使って予測するのは無駄である」と
言っている様なもので、テクニカル分析を真っ向から否定
する血も涙もない仮説だからです(T_T)

前置きが長かったですが、ここからが本題です。

極端な表現になりますが…
「株価の上下は予測不能で、予測する行為自体に意味がなく、
得られた結果は単なる運である」という究極に効率化された
株式市場に参加したいと思うでしょうか?
面白いと思うでしょうか?

「効率的市場仮説」を支持し、未来の株価の上下を確率の
問題として捉えて売買される方をランダムウォーカー
と呼びます。
このランダムウォーカーの立場をとる方や、確率に基づいた
機械的な売買に抵抗がない方なら問題ないかもしれません。

しかし私の場合、投資は趣味も兼ねている事もあり、
参加したいとも面白いとも思えません。
株価の動向や投資する企業、取り巻く環境から将来どう
なるかを予測し、売買していきたいと考えているので、
この仮説は「間違っている」と願っています(^_^;)

そして、素人ですが私なりに「間違っている」と主張できる
様な根拠がないかと考えてみたら、2つありました(^_^)/

まず第1に、株価は企業業績に裏打ちされていて、優良企業は
業績をどんどん上げるでしょうし、ダメな企業はどんどん落ちて
いきます。その将来予測を単なる運と言うには無理があると
言えませんか?

第2にこの仮説は「市場は”間違わない”」という事が前提に
なっている事です。
市場参加者は様々です。
機関投資家、個人投資家、資金が潤沢にある人やない人、
リスクを多くとる人、リスクを極力避ける人、常に冷静な人、
冷静さを欠いた人、長期投資家、短期(投機家)などなど。
それにプロである機関投資家にしてもミスがないなんて
あり得ないでしょう。
そこに非効率的な動きがが生じるはずです。

なので私は「市場は時に間違う事があり、短期的には非効率
である。そして、過去の材料に対しては時間と共に効率化していく」

考える事にしました。
そして、投資を趣味と実益を兼ね備える物に昇華すべく、
日々精進して行こうと思います(^_^)/

<P.S.>
再びグダグダなまとめですいませんm(_ _)m
元々1つだった記事を3つに割って、途中でうまくまとめて締める
のって、めちゃめちゃ難しいです。特に文才がない私には…

効率的な世界は面白くない!!! ~Part1~

さあ、お待たせの連載シリーズです・・・

っていうか待ってませんよね、はい、わかっています。
連載にすると、ブログ村のアクセス順位が上がるどころか
明らかに下がるので、それは数字でわかっているんです(T_T)

でも書いてたら長編になったので、順位下がるの覚悟で
連載にします(^_^;)
ではでは、ボチボチ始めますね(^_^)/

効率化を極めて、好業績を上げる企業の手法はすごいと
思えるものが多々あり、中には芸術の域に達していると
感じるものも…

しかし…それを担う従業員の立場から見たら、たまったもの
ではありません。「効率化、効率化」と細かいところまで
ルールが作られ、無駄な動作は許されず、常に監視されて
息付く暇もなく非常に息苦しい…(+_+)

精神的にも「経営者目線で物を考えろ」と強制的に高い
自己目標を掲げされられ、おそらく、自分が作業機械
の様に感じられるのではないでしょうか…。
正直、そんな会社は面白いと思えず、働きたくありません(>_<)

逆にあまり効率的でない会社では、仕事内容は、「簡単なもの」
から「挑戦しがいがある難しいもの」まで様々。
人については、優秀な人、少し抜けている人、仕事には直接関係
ないがムードメーカーな人、お騒がせな人など、こちらも
バリーエーションに富んでおいて、それぞれがそれぞれの個性を
使って会社に貢献しており、非常に面白そうだと感じます(*^o^*)

仕事を面白いと感じる為には、個性を殺さず、マイノリティを
容認する非効率的な環境作り
が必要なのでしょうね(*^_^*)

まあ、仕事そのものを非効率化するわけにはいきませんから、
人間関係を非効率化すればいいのだと思います。


また他の例として、私は子供の頃から趣味で将棋をやっている
のですが、最近、プロの将棋が面白くないと感じています。

そう感じる原因は主に3つで、戦型の9割以上が下記①~⑤の
戦型になる事、そして棋士にはそれぞれ得意戦法があるから、
やる前から戦型がわかってしまう事。
さらにさらに、序盤は手順が研究されつくしていて、ほとんど
脇道に逸れない事(予想外の展開にならない)です。
(現代将棋は研究勝負と言えます)
 ①矢倉
 ②横歩取り
 ③角換わり
 ④持久戦(穴熊)の対向形
 ⑤ごきげん中飛車vs超速


なので、全く想定してなかった戦型になったり、いきなり
乱戦になったりしないのです(*^o^*)
そうなった様に見えても、ほとんどが定跡の範囲だったりで
予定調和なんですね。

昔はプロの対局と言えど、定跡とはほど遠い想像もつかない
展開になる事が多々ありましたし、ハメ手もよく出てきました。
しかし今では…ないとは言いませんがほとんどありません。

私はそういう将棋に面白みを感じません。

しかし今、私が唯一面白いと思う将棋を指す棋士がいます。
今(心の中で密かに)応援しているのが佐藤康光九段です。
もしかしたら、将棋界全体に広がっている「現代将棋の効率化
された面白味のなさ」を肌で感じておられるのかもしれません。

佐藤九段は時々、この人しか指さないんじゃないかと思う様な
独創的で面白い将棋を指してくれるので、非常に楽しみして
見る事ができます。

故升田幸三名人や坂田三吉王将の様な、ワクワクする様な
将棋をどんどん生み出して欲しいと願っています(*^o^*)

という事で、マイノリティになる事を恐れず、個性を前面に
出して、面白きなき世を面白くしていきましょう!!!
(無理やりまとめてみました。グダグダになってすいません)
livedoor プロフィール