目指せ、週休7日制!!!

大阪に住むプログラマー35歳、独身。”陽気なヴァルキリー”です。
33歳の時に、とある理由で13年勤めた会社を辞めると決意(>_<)
無事に円満退職して、第2の人生を歩む事ができるのか…
その過程をリアルタイムにご覧頂ければと思います。

計画 ⇒ 退職の意思表示 ⇒ 退職&休養 ⇒ 次のステップへ
         ↑
        今はココ☆

時事情報、方針、投資関連雑感など

ジンクスなのか…

最近、急速に株安円高が進み、中国発の世界同時株安
の様相を呈しています。

こんな大きな動きがあるのに、ブログの更新がない
のは、損失を無傷で回避した証拠・・・ではありません。

他の多くの投資家の方々同様、私も損失を抱えています。

さて、テレビのニュースでは、「リーマンショック以来の・・・」
なんて表現がたまに出てますが、この単語を聞くと
あの時の状況が頭の中に蘇ります。

リーマンショック・・・実はこれが起こった時、退職(正確には
転職)計画を断念した直後だったんです。

この時、既にサブプライムローンの嵐が吹き荒れていて、
次の仕事先として雇ってもらう予定だった知り合いから
「状況が変わって雇えない」と言われて、断念しました。
会社を退職してから言われてたらと思うと、本当に
ゾッとします(^_^;)

その後、この状況では私の投資の実力では稼ぐ事が
できないと判断し、230万を残し、殆どの投資資金を
引き揚げて、住宅購入に注ぎ込みました。

(そして、投資を殆どやめていたこの時期に
リーマンショックが起こります。)

最小限の損失で済んだのは運が良かったのですが、
住宅購入にお金をつぎ込んだ上に、最悪の景気と
いう環境で、動くに動けない状態が続きました。


そして今、再び退職を計画していますが、当時の
フラッシュバックの様に、世界同時株安が発生
しました(+_+)

株価の推移ですが、「消費税増税までは堅調で、増税したら
少しは下がるだろうが、東京オリンピックまでは極端な
下落はないだろう」と予想していたんですが、見事に
外れました(^_^;)

非常に残念です(._.)ハァー

景気のサイクルに偶然ハマったけかと思いますが、
今回は断念する気がない上に、退職時期を大きく
前に倒すつもりでもあるので勘弁してもらいたい・・・

中期計画

去年、私はこのブログの記事で来年(2016年)の7月に
今勤めている会社を退職すると宣言しました。
(カウントダウンは、あと544日)

それからというもの、この退職に合わせて色々と
動いてきました。
そして今年は、「お金を貯める年」と定義しています。

年が明けてから1か月で、既に休日出勤が3日。
とても、充実している(^_^)/

そう、ここは、計画通りにお金を貯める行動ができている
のだから、「忙しい」ではなく、「充実している」という言葉
を使うべきだろう(^_^;)

工程表を見ると、既に4月まで予定がパンパンに詰まって
いて、割込業務を許容するキャパがない。
5月の予定も急速に詰まり始めている。
割込が入る度に、休日出勤しなければならない状況。

お金を貯めるという意味においては…
なんて理想的なんだ(*^_^*)

という状況ですので、今年はお金のかからない海水浴
キャンプ以外は、旅行に行かないと思います。

なので、退職してから、1都1道2府42県(沖縄除く)を
何回かに分けてバイクで旅しようと考えています。

島根県は、この前中止にした旅行計画をそのまま
使うとして、他の都道府県の旅行計画を早々に
練らないといけませんねぇ(^_^)/

<完了した計画>
・洗剤、トイレットペーパー等の消費財の買いだめ(3年分)
・お酒の買いだめ(現在205本、約15年分)
・自転車の購入
・次の職がなかなか決まらずに無職状態が続いた時の
 支出/資産推移シミュレーション、背負うリスクの計算。

<未完の計画>
・退職までにボーナスなしで、貯金をプラス200万円。
・投資資金1500万円。(←これは多分無理)
・クレジットカードを増やす(今年、楽天カードを作る予定)
・在職中に、歯科検診を受ける。

スイスの為替介入終了宣言

今週のニュースは、何と言ってもスイスの為替介入
終了宣言でしょう(^_^)/

スイスは今まで自国通貨(フラン)の価値が上がらない様に、
フラン売りユーロ買いの為替介入を続けていたのですが、こ
れを終了するという事は、フランは急騰しユーロは下落する。

おそらく、スイスは為替介入を続ける事に対する
危機感から、こうなる事を覚悟で決断したのでしょう。

スイス自身や日本、私にとってどうかなどの影響はどうあれ、
痛みを伴う決断をした事については敬意を払えると思います。

そして…これは個人的な感情ですが…不謹慎なのは
わかっていますが…少し愉快です。

少しではないですね。為替のチャートを見て、笑いが
止まりませんでした。

もちろん儲かったからではありません。
先の週間報告の通り、私も含み損を背負いました。

ちなみに下図が問題のユーロ/フランのチャートです。

stock0003


FXで大きくリスクを取っている方は、今回の混乱で
どれだけ損をしたのだろうかと。

大きくリスクを取って器用に稼いでいる人から見れば、
不器用な私はとてもつまらない者に見えるでしょうし、
下手糞にも見えるでしょう(^_^;)

実際にバカにされる事もありますが、これで彼らを
ふるいにかけられますね。
リスクを考えて投資している本当にうまい人と、
むやみにリスクを取って単に運が良かっただけの人とを。

レバレッジをかけるという事がどれだけ大きなリスク
かという事を改めて考えさせられます。

となると、もしかしたら、私のやり方もそんなに捨てたもの
ではないのかもしれませんね(^_^;)

ボーナス支給日!!!

さあ、今週末は待ちに待ったボーナス支給日(*^o^*)

と言っても、使うわけではありません(^_^)/

1/3を家や家電やPCの老朽化・故障対策として
別口で積立。1/3を投資資金に、残り1/3は
銀行口座での貯金に回します。

私はブランド物にはほとんど興味がなく、あまり高い
物も買わないので、普段は、月々の給料で十分
なんですね。

振り返ると、今の会社に入社して14年、ボーナスを
使ったのは1度しかありません。
それは…2008年の年末、今住んでいる家を中古で購入
した時に、ローンの頭金やら、リフォームやら家具家電の
調達で全部使っちゃった(^_^;)
…この1度だけです。

資産運用として考えるなら、自宅購入はあまり効率の良い
お金の使い方ではないと聞いた事があります。
確かに、家を買わずに賃貸にしていれば投資資金は
今の倍以上あるはずだし、ローンもないでしょう。

でも、後悔はしていません(>_<)
色々時間をかけて調べ、築年数、家の状態、価格、
交通の便等で、納得のいく物件に出会えて手に入れる
事ができましたし、ご近所さんも良い人達です。
出会うとあいさつしてくれるので、出勤時はいつも
気持ちよく仕事に行けます(^_^)/

なので、資金効率は悪いかもしれませんが
いい使い道だったと思っています。

さて、私が今の会社を計画通りに退職すると仮定すると、
あと3回、ボーナスをもらうことができるはずで、
当然、その額を計算に入れて、退職後の資金計画を
立てています。

ただ、今の資金量では退職しても完全リタイアは無理なので、
退職後、もう少し自分の時間を取れる職を探すつもりです。

とは言ってもこのご時世、職が見つからずに最悪アルバイト
なんて事も考えられるので、チキンハートの私としては、
どうしても「使わずに少しでも手元に残しておく」という選択
になってしまいます(^_^;)

資産運用と選挙について

今日の株価上昇で、私は総資産がついに8桁の大台に乗りました。

大台に乗ったと言っても僅かに超えただけなので、しばらくは
割り込んだり戻ったりを繰り返すと思いますが、純粋に
うれしいです(*^o^*)

さて、現在は選挙モード一色ですが、おそらく自民党が
議席を維持しようか、多少減らそうが、おそらく消費税増税
は2017年まで先送りされるのでしょう。

それを見越してか、ムーディーズが日本国債を格下げしました。
財政再建が本当にできるのか疑われたのでしょう。
これを受けて為替と株価の動きは、一旦教科書通りに円高株安に
触れたものの、選挙モードに乗せられて、再び、円安株高方向へ
戻しました。

今は、選挙のせいで盲目になっていますが、選挙が終わった後、
これらが、意識され始めると、そこそこ大きい調整が来るのだろう
と予想しています。
他の国がこの一本調子の円安を容認し続けるとは思えないし、
もし、他の格付け会社も追従して格下げラッシュになろうものなら、
為替市場も株式市場も荒れるでしょうね…

という事で、私はこの選挙期間中に、資産を一旦、フルキャッシュ
状態にし、その後、株を買い戻そうと計画しています(^_^)/

私は、今でも消費税は予定通り上げるべきだと考えていますが、
私がどう考えようが延期されるものは仕方がありません。
ただ、増税が2017年に延期された場合、私にとってはドンピシャの
タイミングになります(*^o^*)

どういう事かと言うと、買い貯めの為の資金作りと買い込む時間ができ、
これが完了した時点(2016年)で退職できる事が1つ。
また、増税前は仕事で、増税対応や軽減税率対応のソフトカスタマイズ
依頼が殺到する事が予想され、死ぬほど忙しくなる状況を回避できる
事が1つ。2017年なら私が退職した後ですから(^_^)/

これも怪我の功名と思っておきましょう…(^_^;)

では選挙について、私見を少しだけ。
まず、私はアベノミクスを評価しています。経済成長という第3の矢が
折れたとの批判もありますが、これは仕方がないと思っています。
経済を成長させるのは我々国民であって、政府はそれを促す事しか
できないからです。
結果として経済は成長しませんでしたが、今までの政権より、よっぽど
経済成長を促そうとしていたと思います。もちろん、実際に成長して
いませんし、十分だったとは言えないかもしれませんが、マシだったと
考えています。

私の安倍政権への唯一の不満は、議員定数を削減しなかった事。

議員定数を削減していれば、景気が悪くても「我々も身を切った」なんて
言いながら消費税増税を強行できたかもしれません。(^_^;)
消費税を先延ばしするにも、「焼け石に水かもしれないが、財源
確保の為に身を切った」と言う事もできるでしょうに…

どうしても「自分の身は削らずに、国民にだけ負担を強いている」という
悪印象を持ってしまうので、自民党は少し議席が減る様な気がします。

住宅ローン借り換えのまとめ

今回の住宅ローンの借り換えのまとめとして、
私の行動と手続きを時系列で記載します。

今、住宅ローンの借り換えを検討をされている方の
参考になればと思います(^_^)/

※私は「○○銀行」から「りそな銀行」へ借り換えたとして
 読んで下さい。

【 7月22日:りそな銀行へ住宅ローン借り換えの検討を始める 】
<借り換えのシミュレーション時に参照した書類>
 ①預金通帳(毎月の支払額の確認用)
 ②返済予定表(ローン残高確認用)

→シミュレーションの結果、メリットが出そうなので
 借り換え決行を決断。

【 7月23日:りそな銀行のHPにて事前審査申込みを行う 】
<提出書類>なし
<WEBの必要事項を記入する為に参照した書類>
 ①源泉徴収票(年収の確認用)
 ②家購入時の重要事項説明書、売買契約書(家の情報確認用)
 ③返済予定表(ローン残高確認用)

【 7月28日:りそな銀行へ住宅ローン借り換えの相談に行く 】
<提出書類>なし
→申し込んだ「WEB申込みプラン」の詳細や、これからの
 段取りを聞いただけです。

【 8月01日:りそな銀行から本人確認書類の郵送依頼を受ける 】
「運転免許証と健康保険証のコピー(表裏)が事前審査に必要です。
返信用封筒を同封した郵便を送ったので、郵送して下さい」と、
電話が来た。

→「封筒が届いたら送る」と返事する。

【 8月05日:りそな銀行へ本人確認書類の郵送する 】
りそな銀行から郵便が届いたので本人確認書類を返送する。
<提出書類>
 ①運転免許証コピー(表・裏)
 ②健康保険証コピー(表・裏)

【 8月11日:事前審査結果と本審査申込書が届く 】
事前審査は、「変動金利では0.7% 固定金利では1.1%」
の結果だった。

→最優遇金利(0.65%)ではなかったが、再シミュレーション
 した結果0.7%でもメリットが出る事がわかったので、
 借り換えの決断は覆らず。

【 8月13日:市役所へ必要書類を発行してもらいに行く 】
 印鑑証明3通と住民票1通が必要な為、市役所へ
取りに行く。

<必要な物>運転免許証

【 8月13日:りそな銀行へ、本審査申込みに行く 】
本審査申込みは書類の郵送でもできたが、申込書類に
書いてある事が難しくてわからない為、絶対に書類の
不備や必要書類抜けがあると思い、りそな銀行へ
直接申込みに行く。

<必要な物>実印(書類に捺印)
<提出書類>
 ①住民票1通
 ②印鑑登録書3通
 ③現在借りている銀行の返済用口座の通帳1年分コピー
 ④銀行の残高証明書
 ⑤返済予定表
 ⑥事前審査と一緒に送られてきた本審査申込書一式

→必要種類(家の資料)が足りなかった為、返却された。

【 8月14日:法務局へ、家の資料を発行してもらいに行く 】
・土地と建物の登記簿謄本、公図、測量図を取りに行く。

<必要な物>運転免許証

【 8月14日:りそな銀行へ再度、本審査申込み 】
足りないと指摘された書類を追加して、再度、りそな銀行
へ本審査の申込みに行く。
<提出書類>
 ①住民票1通
 ②印鑑登録書3通
 ③現在借りている銀行の返済用口座の通帳1年分コピー
 ④銀行の残高証明書
 ⑤返済予定表
 ⑥事前審査と一緒に送られてきた本審査申込書一式
 ⑦土地と建物の登記簿謄本、公図、測量図
 ⑧家を買った時の重要事項説明書コピー
 ⑨家を買った時の売買契約書コピー

→受理された。

【 8月18日:りそな銀行から、本審査通過の連絡がくる 】
 りそな銀行から、本審査が事前審査と同じ条件で
通過したと連絡があった。

→さらに「8/27正式契約、9/2融資日」のスケジュールで進め
 ましょうと言われ、続けて「○○銀行へ電話して9/2に繰り上げ
 返済する場合の具体的な返済額を聞いて下さい」と言われる。

 ※返済額とは「ローン元本+金利(日割り)+繰上返済手数料」
  の事です。

【 8月21日:○○銀行へ具体的な返済額を聞く為に電話する 】
○○銀行に借り換えの連絡をすると、「金利を0.9%に下げる
ので借り換えを止めて頂けないか?」と引き止めに合う。
とりあえず、9/2の返済額を教えてもらう。

→提案への答えを保留して電話を切る。

【 8月21日:りそな銀行へ電話して9/2の返済額を報告 】
○○銀行への電話を切った後、すぐにりそな銀行に電話して
9/2を融資日とする返済額を報告するが…
「計画したスケジュールでは日程に無理がある事がわかった
ので、申し訳ありませんが、「8/30契約&9/3融資」で再度、
○○銀行へ返済額を確認してくれないか?」と。

→少しあきれながらも了解し、電話を切る。

【 8月21日:○○銀行提案の金利でシミュレーションしてみる 】
りそな銀行の金利0.7%(但し、諸経費40万程)
         VS
○○銀行の金利0.9%(但し、諸経費ほとんどかからず)

の構図。シミュレーションした結果、りそな銀行へ借り換えた
方が得と出た為、借り換え手続きを続行する事とした。

【 8月22日:○○銀行へ電話し、提案をお断りする 】
○○銀行へ再度電話して提案をお断りした後、9/3融資での
返済額を教えてもらい、借り換え(全額繰り上げ返済)は
必ず実行するので、準備して下さいと伝えました。

※こう伝えたのは抵当権の抹消に必要な書類を9/3までに
 準備してもらう必要があるからです。

【 8月22日:りそな銀行へ電話し、9/3の返済額を報告する 】
りそな銀行へ電話し、9/3の返済額を報告する。
その電話で、契約時(8/30)に2万円と200円の収入印紙を
各1枚ずつと、運転免許証と健康保険証を持ってきて下さいとの事。

【 8月28日:パスポートセンターへ収入印紙を取りに行く 】
収入印紙は郵便局等で買えますが、残念ながら郵便局は
土日にやっていません。
コンビニでも手に入りますが、200円くらいまでで高額な
収入印紙は置いていません。
困って色々探した結果、パスポートセンターで手に入ると
わかり、パスポートセンターでGETした次第です。

【 8月30日:りそな銀行へ行き、正式契約 】
 りそな銀行で行政書士の先生と引き合わせてもらい、
諸々の契約書類を作成。

<必要な物>
 実印、りそな銀行の銀行印として使う印鑑。運転免許証、健康保険証。
<提出書類>
 ①収入印紙(1万円×2枚、200円×1枚)
 ②運転免許証コピー(表・裏)
 ③健康保険証コピー(表・裏)
 ④家購入時の重要事項説明書(確認用)
 ⑤家購入時の売買契約書(確認用)
 ⑥土地、建物の権利書(確認用)
 ⑦契約書類一式(銀行で用意されたもの、その場で記入)

【 8月30日:りそな銀行担当者が家に来る 】
 契約書類に記入漏れがあった為、りそな銀行担当者が家に来た為、
ここで記入して書類を完成させる。

【 9月02日:りそな銀行へ諸経費分を振り込む 】
諸経費は実費で払う事とした為、諸経費分約43万円をりそな銀行
に作成した自分の返済用口座に振り込む。

【 9月03日:○○銀行で繰り上げ返済を行う 】
<必要な物>実印、○○銀行の銀行印。運転免許証。
行政書士の先生と○○銀行で待ち合わせて、○○銀行で繰り上げ返済
の処理を行う。
抵当権抹消の手続きに必要な書類を受け取り、行政書士の先生に
それを渡して、後の処理をお願いして終了です。

【 まとめ 】
実際にはこの後、給料の振込先の変更、公共料金の引き落とし先の変更、
クレジットの引き落とし先の変更等の手続きが必要です。

金利が低い今は、借り換えのチャンスです。返済額が高いと悩んでおられる
方は、かなりの手間ですが奥せずに挑戦してみて下さい!

私の場合は、この借り換えで以下の様になりました(*^o^*)
金利:1.375% → 0.7% (-0.675%)
月々の支払が43,268円 → 39,857円 (-3,411円)

住宅ローン借り換え完了

リアルタイムでなくて申し訳ないのですが…
住宅ローン借り換え完了が完了しました。

振り返ると、結局、最後の最後までバタバタでした(^_^;)

まずは、8/30(土)。
この日に住宅ローン借り換えの正式契約の手続きを
済ませました(*^o^*)

しかし、家に帰ると銀行から電話があり、何事かと思いながら
電話に出ると、

書類の記入漏れがあったので、今から伺っても良いですか?

との事。

「家まで来てくれるとはなんてVIP待遇なんだ!」と一瞬思ったのですが、
よく考えたら微妙でした…。

というのも、正式契約の書類は担当の方の指示通りに記入して、
その後、「書類をチェックするのでお待ち下さい」と言われて
20~30分待ちましたからねえ~

銀行からすれば、お客を待たせて書類をチェックし、OKを出して
帰らせた後、「実は不備があったのでまた来て!」とはさすがに
言えなかったんでしょう…

電話から1時間後、担当者が家に来たので、記入漏れした箇所を
記入しました。こんな事がありながらもようやく手続きが完了し、
融資日(借り換え実施日)は9月3日に決まりました。

これで一安心…と思った私は甘かった(>_<)
まだまだバタバタが続きます。

この日(8/30)に預金口座(返済口座)の作成手続きもしたのですが、
「今日(8/30)は土曜日なので実際に口座ができるのは
月曜(9/1)になる」と言われました。

何が問題なのか?
この借り換え手続きに絡む登記費用や手数料等の諸経費を
住宅ローンに上乗せするのであれば何の問題もありません。
しかし私はこれらの諸経費は実費で支払う様にしたので、
その諸経費を作ったばかりの口座に振り込んでおかなければ
ならず、そのチャンスは9/1と9/2の2日しかないのです。

ちなみにローンに上乗せしなかったのは、ローン残高が増えるのは
嫌ですし、月々の支払いを4万円以下に抑えたかったので、
現金払いにした次第です(^_^;)

そして、ギリギリは嫌なので、当然の如く、月曜(9/1)の昼休みに
振込に行ったのですがATMに表示された文字がまさかの…

振込先が見つかりません。



まだ、できてないんかい! (`^´)>

心の中で思いっきりツッコミました。
翌日の9/2には、口座は無事にできていたので、振り込めたのですが、
9/1の貴重な昼休みを返して欲しいです(T_T)

とまあ、こんな感じで何とか、借り換えを完了させる事ができました。

「なんでこんなに手際が悪かったりギリギリになるの?」と思っていたら
後でその理由がわかりました。

それもそのはず、私はりそな銀行が7/22から開始した「WEB申込みプラン」で
借り換えをしたのですが、私がそのローンプラザで契約にまで至った契約者
第1号だったのです。

銀行の担当者も扱うのが初めての商品で、勝手がわからなかったらしく、
後で謝ってくれました(^_^;)

住宅ローン借り換え本審査申込み

お盆の間にやっていた事…それは住宅ローンの借り換え
の本審査申込みの必要書類の作成です(>_<)

その為に自宅、市役所、法務局、銀行を走りまわってました…

まず、市役所に行って、住民票1通と印鑑登録書3通をGET!

次に法務局に行って、家の土地と建物の登記簿謄本と
公図、測量図をGET!

これを銀行のローンプラザに足を運んで、書類の不備や、足りない
書類がないかを確認してもらいながらやってました。

最後は申込書類にひたすら記入…複写になっているので
強めに書かなければならず、書き終わる頃には、手が痺れて
指が思った様に動かなくなっていました(^_^;)

その後、家に実印を忘れたので、家に帰って実印を押してから
またローンプラザへ戻るというオマケ付き(+_+)

そして、何とかお盆休みの間に申込みを済ませて一段落
したと思った矢先、今日、0.7%で本審査が通ったと連絡が
ありました。

・・・早やっ!!

事前審査は2週間もかかったのに、本審査はわずか2日でした。

事前審査と本審査で、申込み書類に書いた内容は同じなので、
おそらく、本審査では事前審査に記入した内容を、提出した
証明書類で裏付けを取っただけなのでしょう(^_^;)

そして、現在借りている銀行に繰り上げ返済の通知と時期の
相談をする為に電話したら、思わぬ切り返しが・・・

「”借り換え”と同じくらいの効果が出るくらいまで金利を下げるので、
うちの銀行から借り続けて欲しい…」と言われました(@_@)

このご時世、いつ何が起こって働けなくなるかわからない時代です。
結婚でもしていれば、仮に夫が働けなくなっても、妻が働く事が可能
でしょうが、私は独身でこの身1つです。
病気にでもなればおしまいなので、銀行からみたらリスクが
高いはずです。

…なのでてっきり、銀行には「全額返済で、1つリスクが減って良かった!」
と思われると思っていたので、驚きました。
何だか嬉しいですね。
一応、優良なお客と思ってもらえていたみたいです(*^_^*)

明日、今借りている銀行の提案を一応聞きますが、ここまで準備した
のですから、よほど上回る魅力でなければ、借り換えを実行する
つもりです。

でも万が一…魅力的な提案が出されて、「やっぱ借り換えしない」
なんて言ったらりそな銀行が怒るかもしれませんね…(^_^;)
その瞬間の「痛い空気」は想像したくないですが…

住宅ローン借り換えの事前審査が返ってきた

ようやく、住宅ローン借り換え事前審査が返ってきた(^_^)/

私の適用金利は・・・「0.7%」でした。
最優遇金利が0.65%なので、それより0.05%高かったわけです。
でもまぁ、一応予想の範囲内です。

それにしても、どんな経歴を持てば最優遇金利が
適用されるんでしょうか…
少なくとも私の「年収550万、勤続13年、他のローン及び借金なし、
過去にクレジット等の支払遅延なし」の経歴では足りないという事
なんでしょうね(^_^;)

さて、気を取り直して、早速、再シミュレーションしてみました。
すると0.7%でも、月々の返済額はそれ程変わらない結果に。
なので、正式に借り換えの申し込みをする事にしました(*^o^*)

という事で、次は本審査の申し込みです(^_^)/

それにしても…結果が出るまで2週間かかりました。
もう少し早く結果を出して欲しいものです(>_<)
8月中に手続き終わるかなぁ…

住宅ローン借り換えの相談に行ってきました

今日は住宅ローンの借り換えの相談に行ってきました(^_^)/

質問内容を事前にまとめておいて、枚方のローンプラザへGO!

平日だからか混んでいる様子はなく、すぐに応対してくれました。
そして、まとめておいた質問を投げかけました(*^o^*)

1.手数料等の諸経費は、約40万円は正しい金額か?
(7/25の記事に乗せたシュレーション結果は40万円で算出)


→計算してもらったところ約40万円で、妥当な額でした。

2.団体信用保険等、強制加入のものにより、金利に上乗せ
されるものはあるか?


→団体信用保険は強制加入だが、保険料は銀行負担の為、
 金利を上乗せする事はない。
 ただ、団体信用保険は金利を上乗せする事により特約(保障追加)
 をつける事ができる。しかし、特約をつけるかどうかは任意であり、
 強制ではない。
 結論としては、特約を付けなければ、金利の上乗せはない。


3.本当に0.65%の金利で借り換えできるのか?

→0.65%は最大の割引金利が適用された場合です。
 この金利が適用されるかどうかは、審査次第です。

 (感想)まあ当然か…。

4.では審査はどの様に行われるのですか?
  例えば信用度の高い公務員でないと最大割引金利が適用
  されないとかありますか?


→職種は考慮しません。年収、ローン残高、支払残年数等
 によって決まります。
 ですので、会社員だという理由で最大の割引金利が
 受けられないという事はありません。

 (感想)どこまで本音の回答かはわかりませんが…。

という結果で、一応、想定通りでした。
後は、他の商品の提案や雑談などなどでした。

この結果を踏まえると、借り換えを実行に移すかどうかは、
審査で割引金利がどこまで適用されるか次第となりました。

はやく、審査結果が出ないかなぁ~(*^o^*)

住宅ローンの借り換えを検討

独学ですが私は、決算書や指標の読み方、経済の仕組み等々を
半年間勉強してから、株を始めました(>_<)

そのおかげか、「為替・債券・商品先物・株など」が、それぞれどの様に
関係しているのかを予想したり、そこから将来どうなるかを予測したり
するのが苦ではなく、楽しいと感じる事ができます。

普段は、株価にどんな影響があるかという視点でしか見ていませんが、
その過程で色々な情報を取り込んでいるので、自分の生活に影響が
ある(と思う)項目を無意識にチェックしてたりするんですよね(^_^;)

そして、チャンスがあればと狙って監視していたのが、住宅ローン
金利の動向で、ついに借り換えが検討できるくらいまで金利が
下がりました(*^o^*)

私は、「今の金利は稀にみる低さだ」くらいにしか思ってなかった
のですが、ニュースよると過去最低の値まで下がっている
そうですね(^_^)/

これはチャンス!!!

そう思って、色々な銀行を検討した結果、「りそな銀行」に決めて、
早速、昨日「事前審査」をネットから申し込ました。

りそな銀行には、事前審査をネットから申し込んで借り換えをすると
金利を低くするサービスがあって、その結果、金利が0.65%に
なるのです。
これで、シミュレーションしてみました。

まず現状認識として、今の私の住宅ローンの状態は以下の通りです。
・金利:1.375%(変動金利)
・返済残年数:29年
・残額:約1,255万円
・毎月支払額:43,268円


これを以下の条件で借り換えシミュレーションを実行(*^_^*)

・金利:0.65%
・諸経費:約40万円
・借入:1,295万円(ローン残高+諸経費)
・返済年数:29年


すると(ワクワク)・・・
・毎月支払額:40,840円(-2,428円)
・総支払額:-845,096円


単純計算では、少ないですが得する様ですね。
しかし、調べきれていない強制加入の何か(生命保険等)があって
金利の上乗せが避けられないとなると、得しないかもしれません。
ですので、本当に実質0.65%の金利で借り換えられるのか、
今週末に相談に行ってきます(^_^)/

忍耐…

なんと今晩のNYダウは17,000ドルを超えています。

この結果だと、明日も上げるのでしょうねぇ…

NISA口座も作った!夏のボーナスも入った!
なのになぜ買えない(>_<)

ここ最近、ずっと株を買えていません(T_T)
自分の先見の無さに失望しながらも
必死に耐えています(+_+)

現時点では、世界各国で金融緩和が行われて金余りの状態
になっており、その資金が株式市場に流れているから上昇
傾向になっていると私は考えており、この状態における
株式市場のリスクは、大きく3つ考えられます。

1つは金融緩和終了、及び引き締めが行われる事です。
これにより、世界的なリスク指向によって株式市場に流れていた
資金が逆流し始め、株が売られるシナリオ。

そして2つ目は、現在株式市場に流れている資金が
商品市場に流れ込み、物価の急激な上昇が起こる
事です。
物価上昇を価格に反映できれなければ収益が減り、
価格を上げると売上に響き、結果として、株価が
下がるシナリオ。

そして3つ目は、中国バブルが崩壊し、世界が悲観モードに
なって、株の投げ売りが起こるシナリオです。

今の株価は高過ぎると考えており、上記3つのリスクがいつ
顕在化してもおかしくないと思っているので、長期的には
正しい判断なのではないかと考えています。

長期投資家としては、株価が高いところで無理に買う
理由がありません。よって、今はひたすら我慢です(>_<)

株価上昇で動けなかったが…

今週末も土曜出勤が決まりました(+_+)
今週末出勤すると、これで振休が18.5日となりました。

資金ではなく振休を積み上げて、私は何をしているのだろう…(^_^;)

さて、私は、6~7月は下げると予想していたのですが、
大きく外しました。
下げると思って、保有株を売っていた私は
株価は暴騰しているのに…傍観しているしかなかった

予想勝負は、完全に負けです。
しかし、今夜のアメリカは下げているので、日本株も
やっと調整に入りそうです。
大きく仕込む為にも、願わくば、大きな下落に
なってもらいたいです。

さあ、おもしくろくなってきた(^_^)/

NISA口座キター(*^o^*)

3月末に申請したNISA口座がやっと開設完了しました(*^o^*)
下げてしまった後なのが残念ですが…

ですが、現在、株に投下している資金は3/8ですから、
まだ下落に対する余裕があります。

私6~7月で下げる予想しているので、もし下げれば
NISA口座で購入しようと思います(^_^)/

早速使ってみたいと思う気持ちを抑えて、焦って使わない
様にします。
そう、今年中に100万円分をNISAで買えばよいのですから(^_^;)

資産運用について

こんばんわ(*^o^*)

今日は資産運用についてです。

私は日本株で運用しており、今の運用方針は「中長期での運用」
を考えています。

株を始めた当初、テクニカル分析に基づいた短期売買をしていたのですが、
少し儲かっても、どこかで大きな損失を出して利益をパーにしてしまったり等、
なかなか利益が安定しませんでした(+_+)

そこで、そもそも仕事が忙しい私には向かないのかもしれないと、
色々試行錯誤した結果、現在のやり方に落ち着き、少ないながら
も安定して利益を出せる様になってきました(^_^)v

そのやり方ですが、基本は「等間隔買い下がり売買」で、以下①~⑦の
ルールに従って売買しています。
①必ず、買いから仕掛ける。(売りからは、仕掛けない)
②仕掛けてから、株価が上がれば、決めた間隔で売る。
 例)300円で買い、30円幅と決めてれば330円で売る)
③仕掛けてから、株価が下がれば、決めた間隔で買い下がる。
 例)300円で買い、30円間隔と決めれば270円、240円、210円で買う。
④明らかな下降トレンドと判断すれば、買う間隔を大きくする事もある。
⑤明らかな上昇トレンドと判断すれば、売る間隔を大きくする事もある。
⑥基本的に、損切りはしない。
⑦損切りをしないリスクを回避する為、明らかな下降トレンドと判断すれば、
 含み損の拡大を防ぐ目的に、短期で売り仕掛けをする事がある。


そして、今年に入ってから株価が大きく上げているので、現在、ほとんどの
資産を現金という形で保持しています。
今は、日本プロセス(9651)を600株持っているだけの状態です。

そして昨日今日と日経平均は続落し、買いたくなる価格まで株価が
下がってきた銘柄が、ちらほら見受けられる様になってきました。
明日も続落する様なら、買いを入れるかもしれません。

あと、私の今の資金力ですが、下に張り付けたグラフをご覧下さい。
このグラフは、年の終わりの資産額の推移を表しています。
(横軸は単位がありませんが、西暦年の下2桁です)

ただ、前年との資産の差額が、その年の運用成績というわけでは
ありません。私はまだ働いているので、臨時収入(ボーナス等)が
入った時などに資金追加をしています。
ですので、当然その分を含んだ資産推移となります。

stock0001

livedoor プロフィール