目指せ、週休7日制!!!

大阪に住むプログラマー35歳、独身。”陽気なヴァルキリー”です。
33歳の時に、とある理由で13年勤めた会社を辞めると決意(>_<)
無事に円満退職して、第2の人生を歩む事ができるのか…
その過程をリアルタイムにご覧頂ければと思います。

計画 ⇒ 退職の意思表示 ⇒ 退職&休養 ⇒ 次のステップへ
         ↑
        今はココ☆

2015年09月

祖母が亡くなりました

一昨日の9/12(土)、母方の祖母が亡くなりました。

祖母は、ご飯を食べた後、寝ている間に亡くなった様で、
今にも起きてきそうな穏やかな顔をしていました。
苦しまずに逝った様で何よりです。

だいぶ弱っていたので覚悟はしていたのですが、
実際に亡くなって、もう2度と話せない、顔を見れ
なくなると思うと、本当に寂しいです。

さて、今日は葬儀の為に会社を休むのですが、
昨日、課長に訃報の報告、係長には仕事の段取り
の為に連絡を取りました。

課長への訃報の連絡は何事もなく終わったのですが、
係長との仕事の段取りの相談では少し揉めました。

休日に連絡を取った事で、イライラしていたのかも
しれないのですが、なかなか話がまとまらない…。
「朝だけ出勤」という話もありましたが、葬儀に間に合う
には9時30分には会社を出ないといけない。
それでも、顔を突き合わせて話した方がわかるだろうと。

課長へも相談して、「葬儀では何かとバタバタするだろうし、
さすがに非常識だ」としてそれは免れました。
結果、何度も課長に電話する事になってしまいました(+_+)

明日の出勤では、係長との第2ラウンドを避けて通る事は
できなさそうですね…(^_^;)

いや、第3ラウンドか・・・
(これについてはまた後日)

ジンクスなのか…

最近、急速に株安円高が進み、中国発の世界同時株安
の様相を呈しています。

こんな大きな動きがあるのに、ブログの更新がない
のは、損失を無傷で回避した証拠・・・ではありません。

他の多くの投資家の方々同様、私も損失を抱えています。

さて、テレビのニュースでは、「リーマンショック以来の・・・」
なんて表現がたまに出てますが、この単語を聞くと
あの時の状況が頭の中に蘇ります。

リーマンショック・・・実はこれが起こった時、退職(正確には
転職)計画を断念した直後だったんです。

この時、既にサブプライムローンの嵐が吹き荒れていて、
次の仕事先として雇ってもらう予定だった知り合いから
「状況が変わって雇えない」と言われて、断念しました。
会社を退職してから言われてたらと思うと、本当に
ゾッとします(^_^;)

その後、この状況では私の投資の実力では稼ぐ事が
できないと判断し、230万を残し、殆どの投資資金を
引き揚げて、住宅購入に注ぎ込みました。

(そして、投資を殆どやめていたこの時期に
リーマンショックが起こります。)

最小限の損失で済んだのは運が良かったのですが、
住宅購入にお金をつぎ込んだ上に、最悪の景気と
いう環境で、動くに動けない状態が続きました。


そして今、再び退職を計画していますが、当時の
フラッシュバックの様に、世界同時株安が発生
しました(+_+)

株価の推移ですが、「消費税増税までは堅調で、増税したら
少しは下がるだろうが、東京オリンピックまでは極端な
下落はないだろう」と予想していたんですが、見事に
外れました(^_^;)

非常に残念です(._.)ハァー

景気のサイクルに偶然ハマったけかと思いますが、
今回は断念する気がない上に、退職時期を大きく
前に倒すつもりでもあるので勘弁してもらいたい・・・
livedoor プロフィール