目指せ、週休7日制!!!

大阪に住むプログラマー35歳、独身。”陽気なヴァルキリー”です。
33歳の時に、とある理由で13年勤めた会社を辞めると決意(>_<)
無事に円満退職して、第2の人生を歩む事ができるのか…
その過程をリアルタイムにご覧頂ければと思います。

計画 ⇒ 退職の意思表示 ⇒ 退職&休養 ⇒ 次のステップへ
         ↑
        今はココ☆

2014年04月

技術者の致命的弱点!!! ~Part3~

さて、連載3回目は「現代におけるアイデアの正体」です。

昔、アイデアは、それ自体を四六時中考えてひねり出したり、
ひらめいたりするものでした。
昔は得られる情報が限られており、また解明されていない事も
多かったので、これがアイデアを生む出す唯一の方法であり、
正しい方法でした(^_^;)

しかし現代はどうでしょう?

情報は氾濫し、どんな情報でもすぐに検索して、得る事が
できます。残酷な様ですが、一晩考えて生み出した妙案も、
翌日ググれば何百、何千とヒットします(^_^;)

そう…自分が考えた事は、世界の誰かが1度は考えている
のです。

「ネットに一度として載った事のない事を、あなたは
ゼロから生み出す事ができますか?」

この問いに対し、ほとんどの人の回答が「No」でしょう。

しかし、裏を返せばアイデアの素は全て手の届く範囲にある
という事です。ただ、報告書の様に内容が整理されている
事はなく、時としてそれは「不満」という形式の情報であったり、
「希望、要望、期待」という形式の情報であったりします。

これらの情報をどれだけ多く収集しているかが勝敗の
鍵を握ります。この時大事なのは、デザイナーの様に
情報の良し悪しを判断せず、全て取り込む事です。

良し悪しを判断してしまうと、選択の幅が狭くなります。
必要なのは、組み合わせの素となる”列挙した情報”です。

情報を良し悪しなく列挙した後、組み合わせた上で
どうニーズとマッチングさせるか…それだけの問題です。
これ以上は、Part2に記載しているので説明するまでも
ないですね(*^o^*)

結論を申しますと、「現代におけるアイデアの正体」、
それは「組み合わせ」と「マッチング」なのです。


ネットで検索して組み合わせる、会話の中で相手の発言と
組み合わせる、テレビで得た情報と組み合わせる…などなど、
思考錯誤してユーザーのニーズにマッチさせるのです。

組み合わせ方は様々ですが、これを知らないと現代では
通用しません(>_<)

自力でも良い案を出せるかもしれませんが、自分が
良い案を1案出している間に、他者に良い案を
5案も10案も出されてしまい、到底太刀打ちできません。

アイデア自体を、四六時中考えてひねり出す、もしくは
ひらめくというのは、時代遅れです。
クリエーターを目指す皆さんは、注意しましょう!!!

デザイナーからクリエーターになる方は、アイデアを出した後、
それを形にする技術を習得する必要があります。
これは非常に困難を伴うかと思いますが、是非挑戦して頂きたいと
思います。

技術者からクリエーターになる方は、アイデア出しに難儀する
と思いますが、デザイナーからクリエーターになる事に比べれば
遥かにハードルは低いです。なぜなら、アイデアが出た後、
それを形にする力を既に備えているのだから。ですから、諦めずに
アイデアとは「組み合わせとマッチング」、これを肝に銘じて
情報収集に臨み、挑戦して頂きたいと思います。

さて、3回に渡って連載してきましたがこれで終わりです。
このシリーズの人気がなかったせいか、連載している間に
ランキングがかなり下がってしまいました(^_^;)

ですので、再び「セミリタイア・中長期」カテゴリのランキングを
上げるべく、これからは「投資、生活、退職」を中心に書いて
いきたいと思います<(`^´)>

週間報告(2014/4/21~4/25)

週間報告を忘れていました。
遅ればせながら先週の実績報告です。

今週の売買はありません。
資産増減は、保有銘柄の時価の変化です。

【先週末からの資産増減 】
+6,400円

【 保有株 】
日本プロセス(9651)  株数:600株
コーナン(7516)     株数:500株
ダイサン(4750)     株数:300株

技術者の致命的弱点!!! ~Part2~

連日投稿で連載する予定だったのですが、
ローカルで書き上げていた記事が、いつのまにか
消えてしまっていた…orz

「再び書き上げて投稿するぞ!」という気持ちになる
まで、数日かかってしまいました(^_^;)

ではでは、お待たせしました。気を取り直してPart2です(*^o^*)


それでは、交流会で教えて頂いた内容を私なりに
わかり易く書いてみたいと思います。

まず、技術者とデザイナーの職場で、
以下の出来事があったとしましょう。

★ある技術者がA、B、Cという技術を開発した。
 ・技術Aを使った結果、◎の効果が出た。
 ・技術Bを使った結果、○の効果が出た。
 ・技術Cを使った結果、△の効果が出た。

 →そして、技術Aが採用された。

★あるデザイナーがA、B、Cというデザイン案を提示した。
 ・デザインAの評価は、◎だった。
 ・デザインBの評価は、○だった。
 ・デザインCの評価は、△だった。

 →そして、デザインAが採用された。


どちらも、選ばれるべくして「A」が選ばれているん
ですが、この後の考え方と行動が違うんです(>_<)

<技術者の行動>
「より良い物、より良い技術を追求する」という考え方が
根底にあり、これがいつまでも付きまといます。
さらに言うなら、真面目な性格の人ほどこの傾向が
強くなります。

上記例では、「技術A」を自分の成果として自分の「知識・
経験」とするのですが、「技術B/技術C」は無意識の内に
捨ててしまっている
のです(+_+)

<技術者の行動の背景>
技術者の卵は、学生時代に「技術は日々進化するもので、新技術
が出れば従来技術は使い物にならなくなる。常に学習を怠らずに
技術を吸収し続け、技術の進歩に遅れをとるな!!!」
と教えられます。

下記①~③の話は、技術革新で実際にあった事で有名ですが、
これら極端な例を挙げて、「学習を止めた瞬間に技術者としての
賞味期限が切れるぞ!」と半ば強迫に近い形で、学習し続ける
事を教えられている
のです(^_^;)

①真空管
トランジスタが開発されると、真空管に関する技術は
何の役にもたたなくなった。

②レコード、ビデオテープ、カセットテープ
CDやDVDが出たら、レコードやビデオテープ、カセットテープ
はほとんど使われなくなり、これらの技術は役に立たなくった。

③カメラのフィルム
デジカメが出てから、カメラのフィルムは使われなくなり、
フィルムに関する技術は役に立たなくなった。

ですから、技術者は無意識に「より良いものを追求しなくては」
という強迫観念を持ってしまい、結果が良くなかった技術や
従来技術、他の技術に意識がいかなくなってしまうのです。


<デザイナーの行動>
「デザインはマッチングだ!!!」という考え方が
根底にあります。

上記例では、今回の案件に一番合うデザインが「デザインA」
だったというだけ。「デザインB/デザインC」は目的に
合わなかっただけと考え、基本的に「デザインA/デザインB/
デザインC」を同等に扱います(*^o^*)

<デザイナーの行動の背景>
デザイナーの卵は、学生時代にまず、「デザインに良いデザインも
悪いデザインもない、あるのはマッチングだけだ!!!」

と教えられます(^_^;)

さらに、デザイナーは「デザインは数が命。優秀なデザイナーは
数多くデザイン案を出す」という事を経験的に知っています。

ですので、デザイナーは発案したデザインに良い/悪いの判断を
せずに、見本やデザインノート(データベース)に登録して
全てのデザインをいつでも使える状態にするのです。

よって、優秀なデザイナーは、踏んだ場数が幅の広さに、
積んだ経験が奥の深さとなって、3次元的に驚異的な
スピードで成長していくのです。
大成したデザイナーに若い人が多いのは、若者特有の頭が柔らかさ
だけではなく、この成長スピードにあるのです。
逆に技術者として大成した人で、若い人は少ないですよね…



という事でもうおわかりですよね?
アイデアを出すに当たり、デザイナーは知識という「引き出し」の数が、
技術者よりも圧倒的に多く、有利なのです。
1つの物を見たり、聞いたりしただけでも、それを色んな立場
に立って、いろんな角度から物を見て、どんどんアイデアを
生み出せるのです(*^o^*)

そう「アイデアも数が命!!!」なんです。
無から有を生み出すクリエーターとして、案を数多く出すという事は
必要不可欠な能力です。
なので、この能力が少ない傾向にある技術者はクリエーターではないと
言われてしまうのです。

「量があるのは結構だが、質が伴わないのではないか?」と、
思われる方もいるかもしれませんが、案が出てしまえば、
知人、同僚、他人、専門家との会話の中で発展させ、
アイデアの質を高める事は可能ですし、質を高める事を得意とする
専門家がいますよね…そう我々技術者です<(`^´)>

ですので技術者は、どうしてもデザイナーのアイデアを実現する為の
サブとしての位置付けになってしまいがちなんですよね(^_^;)
(会社の風土にもよるのでしょうけど…)


さて、まとめです(*^o^*)

 Part2では私の職業でもある技術者が劣勢という書き方をしています。
発案をテーマにしているので自然とそうなるのですが、物事には
長所もあれば短所もあり、技術者の方が有利な事も多々あります。

Part3ではこの辺りにも若干触れて技術者のフォローをしながら、
連載のまとめとしたいと思います。

<Part3へ続く>

技術者の致命的弱点!!! ~Part1~

記事を書いていると長文になってしまった
ので、3回に分けて連載します(*^o^*)

突然ですが、お訪ねします!!!
起業したいと思う様な「良い(と思う)アイデア」
や事業プランを持っていますか?

この問いに対して、7割近くの技術者は「NO」
という回答になろうかと思います。
技術者でない方は意外に思うかもしれませんが、
おそらくこんなとこだろうと思います(^_^;)

さらにその良いアイデアや事業プランを複数
(例えば5つ以上)持っていますか?

と続ければ、9割近くの技術者の回答が「NO」
になってしまうと思われます(T_T)

そう、これが、ほとんどの技術者がクリエーターではない
と言われない理由であり、技術者の致命的弱点なのです。

私もかつてそうでした。
会社で、新製品のアイデアや特許を出せとよく言われ
ますが、すぐに出てきません。

※私はブログのタイトルで職業をプログラマーと記載して
 いますが、正確にはソフトウェア技術者(設計者)です。

上司からは「普段から意識して考えていないからだ」
と叱責されますが、言われた通り、普段から意識する様に
しても良いアイデアが出てくる事はなく、提出期限が来て、
また叱られる…の連続でした(+_+)

※ちなみに同僚も似た様な状況です。開発案件の担当
 になったという恩恵を受け、たった1件提出できた
 上司や先輩が何でお前ら出せないだと偉そうに
 説教している低レベルな状態です(>_<)

この様な状況が続いた中、他社のデザイナーやプロデューサー
といった方々と交流を持つ機会があり、出席しました。
ここでは、ワークショップや勉強会の他、懇親会など色々な
方とお話しする事ができました。
その中で、ある出席者の方から、技術者とデザイナーの考え方が
全く違う事を教えて頂き、カルチャーショックを受けました(*^o^*)

結論から申しますと、技術者の思考プロセスは、アイデアを
生み出すには”非常に不向き”なのです。


そうですよね…考えてみれば、私のやり方や考え方が悪いので
あれば、私以外の同僚の技術者はたくさんアイデアや特許を
出しているはずですよね(^_^;)


現在では、アイデアは湯水の様に…は言い過ぎですがたくさん
出る様になりました。
読者の皆様の中には、起業したいけど事業プランが思い浮かば
ない方や、なかなかアイデアを出せなくて苦しんでおられる方
がおられるかもしれませんので、参考になればと思い、連載
する事に決めました。

Part1はいわゆる序章です。実際に参考になるのは、次回以降かと
思いますので、続けて読んで頂けると幸いです(*^_^*)

【 追記 】
次回以降は、技術者とデザイナーの比較という形で、話が展開します。
今思ったのですが、技術者を「真面目な日本人」、デザイナーを「ポジティブな
欧米人」に置き換えても読んでも、面白いと思います。



ではお楽しみに(^o^)/

<Part2へ続く>

退職後にやる事…

さて、すぐには退職できないので、退職後にする事を
想像しながらまとめます(*^o^*)

と言っても、そんな特別な内容は何もありません。
働いている方々が、退職してやりたいな~と思っている
事だと思います。

退職してから、実行する順番に書くと下の通りになります。

1.2度寝
2.規則正しい生活
3.早朝ランニングと筋トレ
4.自炊
5.旅行(バイク旅)
6.読書
7.市民プールに行く
8.趣味
9.在職中に取りたかった資格の取得
10.いつか取りたいと思っていた資格取得



1.2度寝
→まずはこれでしょ(^_^)/
 「退職してからやりたい事」でググッてもこれが出てこないのが
 不思議だ…私だけなのだろうか???
 2度寝と言わず、3度寝、4度寝したいです(^_^;)

2.規則正しい生活
→思いっきり寝て、ここ二十年近くで溜まった疲れを吹き飛ばすと
 もう寝たくないと思う様になり、そして活動したくなると思います(^_^)v
 そうなればきっと、規則正しい生活に戻り、自然と心身ともに
 健康を取り戻している事でしょう。

 ちなみに、この頃になれば、記事を更新するのも、人が起きて
 いる時間…というかまあ、人並みの時間に更新できる様に
 なっているでしょうね(*^o^*)

3.早朝ランニングと筋トレ
→さあ健康になったら、今度は衰えたこの体に「喝」を入れて
 曲がった腰、弱った筋肉、出たお腹を何とかします。
 今は相当姿勢が悪いので、この時、整体のお世話に
 なるかもしれません。(>_<)

4.自炊
→当然ですね。他の節約ブログやセミリタイアブログの方が
 やっておられる様に、どれだけ食費を下げれるか…そして
 どれだけおいしく作れるか…さらにどれだけレパートリーを
 増やせるか、挑戦したいです<(`^´)>

5.旅行(バイク旅)
→日本の都道府県全部行きたいですね。
 1週間くらいの日程で、「関東だけ、北陸だけ、九州だけ」
 という風に地域毎に何回かに分けるか、長期間かけて
 日本1週みたいな旅にするか…考え中です。
 ただこういう事は、考えるだけでワクワクしますね!!!

6.読書
→読みたいと思って買った本が10冊程溜まっているのですが
 読む暇がありません。半沢シリーズは、全部持っているの
 ですが読んでなくて、世間の話題についていけません(T_T)
 読む本がなくなれば、図書館に行きます。

7.市民プールに行く
→平日に行けば、ものすごい安い値段でプールで泳ぐ事が
 できます。
 国や市は、国民から税金を徴収して、行政サービス、市民
 サービスを行っています。しかし残念ながら、税金を収めている
 大多数のサラリーマンが利用できない平日に手厚いサービスを
 行ってるんです(^_^;)

8.趣味
→将棋をもう一度、思う存分指したいですね。
 子供の頃、関西将棋会館の2Fにある道場でよく指したもの
 ですが、もう一度行きたいですね。

→他には、好きな音楽ではギターを覚えたいし、釣りもやりたい
 ですね。但し、お金のかかる趣味は持ちません。

9.在職中に取りたかった資格の取得
→危険物取扱者免状の全類制覇、簿記検定3~1級、
 ファイナンシャルプランナー3~2級、ネットワーク
 スペシャリスト試験、行政書士。小型船舶1級。

10.いつか取りたいと思っている資格取得
→子供の頃、飛行機の操縦士になりたいと夢見ていたのを
 覚えています。これを職業とする夢はとっくに捨てましたが、
 自分で操縦する機会があれば是非やってみたいです。

 という事で、自家用固定翼操縦士(セスナ機)と
 自家用回転翼操縦士(ヘリコプター)。

 但し、これは退職に成功して、貯金をさらに
 増やせたらという事になります。なぜなら、500万くらい
 かかるみたいですから(^_^;)

余談ですが…実際には「11.起業」というのがあるのですが、
どうせ失敗するでしょうから、実行には移しません。
事業プランやアイデアはたくさんあるんですけどねぇ(^_^;)

週間報告(2014/4/14~4/18)

さて、遅くなりましたが、先週の実績を報告します。

【先週末からの資産増減 】
+77,182円

【 保有株 】
日本プロセス(9651)  株数:600株
コーナン(7516)     株数:500株
ダイサン(4750)     株数:300株

何かがおかしい…

今日は、嫌な出来事がありました。

4/24は、去年の年末から「休む」と会社に通告していた
のに、休めなくなりました。
この日は、TOTOのライブに行くつもりだったのに…

これで、TOTOのライブに行けないだけでなく、数万円
を無駄にしました(>_<)

消費税増税のシステム変更対応で、年末から3月まで
休日返上で働きました。
代休は1か月近くたまっているのに…何かがおかしい(>_<)

計画②-退職の決断基準

前の記事で挙げたもう一つの計画、「退職の決断基準」の
詳細について書いてみたいと思います。

1.投資資金1500万円以上。
→アーリーリタイアするのに必要な投資資金額の相場が
 わかっていないので、正直、適当に決めました。
 しかし…後から考えるとかなり無謀ですね(^_^;)

 私はまだローンを抱えているので、1ヶ月の生活費は
 最低12万円、つまり1年で約150万円必要です。
 年利10%でトントンなんて生活が長く続くとは
 思えません。

 が、しかし金額は変更しません<(`^´)>

 高い金額を設定すると、気持ちが折れてアーリー
 リタイアする気力が萎えるので、とりあえずの
 目標とします。

 今の投資資金が900万円くらいですから、2倍より
 やや少ない金額…最初のチェックポイントとしては
 妥当ではないでしょうか(^_^;)

2.貯金300万円以上。
→資産運用とやりたい事に集中する為、最低2年分の
 生活費は投資資金とは別に確保したいです。
 この額もとりあえずの目標です。暴落相場を
 見返していると、実際は4年分欲しいですね(*^o^*)

3.勤続15年以上、20年未満。
→勤続15年以上になると、退職金が10%増えるからです。
 また、住宅ローン控除が勤続19年の年で終わるので、
 これ以上は働く意味はありません。

 う~ん…実際は、勤続20年を超えると退職金がさらに
 10%増額しますが、これにはあまり期待しません。
 投資で思った利益を上げられなかったり、大きな
 出費があった時などの保険くらいに思っておきます。

4.退職日は3月か9月。
→ボーナス支給日の後に退職の意思を示すと、自然と
 退職日がこの月になります。

5.部署異動。
→全く職種が異なる部署に異動させられたら、他の退職
 決断の基準をすっとばして、退職を決めるかもしれません。
 一から仕事を覚える気力はおそらくないです(>_<)
 
6.酒瓶のストック150本以上。
→完全に個人的な事ですが、私は酒飲みです。
 お金には困っても、お酒には困らない人生を歩みたい
 と思っています。冗談だと思っていますか?
 真剣です<(`^´)>javascript:void(0)

 私は、晩酌では焼酎かウィスキーしか飲みません。
 共に蒸留酒である為、何年も貯蔵できます。

 しかも、倉庫に使っている部屋は夏でも涼しく、
 雨戸とカーテンで光を完全に遮断している冷暗所
 である為、貯蔵に最適です。
 「飲むつもりがない希少&高級なお酒コレクション」
 を含めて、すでに、100本程ストックしています。

 ちなみに、ビールやワイン、日本酒といった醸造酒も
 好きですが、これらは誰かと一緒に飲む時しか飲みません。

7.やる事、やりたい事をたくさん持つ。
→読みたい本、取りたい資格、ツーリングや旅行で行って
 みたい場所、学びたい事など、挙げればキリがありませんが
 既にたくさんあります。
 独立して起こしたい事業のプランも何個かあります。
 これをする為に、リタイアしようとしていると
 言っても過言ではありません(^_^)v

週間報告(2014/4/7~4/11)

さて、遅くなりましたが、先週の実績を報告します。

【先週末からの資産増減 】
今回は記載なし。(次回より記載)

【 保有株 】
日本プロセス(9651)   株数:600株
オプテックス(6914)   株数:300株
コーナン(7516)     株数:200株
三菱UFJ(8306)   株数:1,000株
菱洋エレクトロ(8068)  株数:300株
ダイサン(4750)     株数:100株

計画①-退職までにやる事

前の記事で挙げた「退職までにやる事」の
詳細を書いてみたいと思います。

1.クレジットカード、ポイントカードを作る。
→これは言葉の通りで、退職して無職になると、
 クレジットカードを作れなくなるからです。
 すでに4枚持っていますが、もう2枚程、追加
 で持っておこうと思います。
 あと、nanakoとwaonも作ります。

2.病院にかかる。
→退職前に健康診断や歯科検診等を行って、必要とあらば
 治療して、健康な体で退職しようと思っています。
 また、花粉症や痛み止めといった便利な薬を多くもらって
 おきたいという思いもあります。

3.屋根(スレート)の塗り直し。
→築12年の家を買って、5年生活しています。
 「家の壁や屋根、水道管」は10年でメンテナンスが必要に
 なると言われていますが、買った時はメンテナンスは
 やっていません。
 お金もなかったですし…それに前のオーナーが
 やっていれば、やり損ですしね。

 ただ、数年後には築20年になるので、さすがに
 そろそろメンテナンスしようと思っています。
 メンテナンス費をケチって雨漏りでもしよう
 ものなら、すぐに家が傷んでしまいます。

 DIYも考えましたが、落下事故でも起こったら
 シャレになりません。ここは業者に頼みます。
 そうなると、屋根の面積から費用は50万円程
 と予想されます。(2年後にやります)

 また、私の家は、左右&後側に、窓から手を伸ばせば
 届くほど近い位置にお隣さんの家があります。
 そして、唯一ひらけている正面は北向きの為、
 直射日光がほとんど当たりません。

 ですので、洗濯物を干すのには向きませんが、
 壁の劣化はほとんどなく、きれいなものでした。
 よって、壁のメンテナンスは少なくとも後10年は
 必要なしと判断しました。

こんなところです。

アーリーリタイアの計画について

さて、遊んでばかりではいけませんね(^_^;)
マジメに、アーリーリタイアの計画を立てねばなりません。

色々考えて、思いついた事をメモしていくと、
計画は大きく2つに分かれる事に気づきました(p_-)

①退職までにやる事。
②退職の決断基準を決める事。

上記2つは似ている様で、全く違います。
①は、退職には直接関係ないが、やろうと思えばすぐに
できる事を指します。
②は、すぐに実現できないものだが、退職の決断に
直結するものです。

とは言っても、まだ漠然としていて具体的には
何も決まっていません。
ですので、このブログを利用して具体的に決めて
いこうと思います。

まず、漠然とですが、今思っている事を
以下に挙げます。

①退職までにやる事。
 1.クレジットカード、ポイントカードを作る。
 2.病院にかかる。
 3.屋根(スレート)の塗り直し。

②退職の決断基準を決める事。
 1.投資資金1500万円以上。
 2.貯金300万円以上。
 3.勤続15年以上、20年未満。
 4.退職日は3月か9月。
 5.部署異動。
 6.酒瓶のストック150本以上。
 7.やる事、やりたい事をたくさん持つ。

後で、1つ1つ説明していきます。

ATARI TEENAGE RIOTのライブに行ってきました

今日は後輩と、アメ村の三角公園のすぐ横にある「FANJ TWICE」
というライブハウスに行ってきました(*^o^*)

live0003


目当ては、「ATARI TEENAGE RIOT」です!!!

live0004


Wikipediaでは、「極端なメッセージと極端にヘヴィなサウンド
スタイルを特徴とし、デジタルハードコアの始祖でもある。」
とありますが、私的には「現代的でデジタルな音楽、そして
かなり激しい」ですね。

ライブハウスですが、行ってみて驚きました。
オールスタンディングの客席とステージの間が
ほとんどない構造で、メチャメチャ近い!!!

実際、ラウディーは客の肩を持って、その客とどちらが
激しくヘドバンできるか競ってるみたいに歌ってました。

私はライブが始まる前、後輩と前から5列目くらいの
位置にいたのですが、ライブが始まると、客の激しい
動きや当たり前の様に起きるモッシュの流れを
利用して前から2番目の位置をGET(*^o^*)

そして…とにかく激しかった(^_^;)

モッシュやダイブは当たり前、他の客の肘や頭が、
顔や腹、胸などの急所に入った時はかなり痛い(>_<)
客だけでなく、ラウディーやアレックも観客の中にダイブ
してました(*^o^*)

こういうライブで前に行くと、足を踏まれるのは当然だと
思っている方も多いと思います。
確かに、1回も踏まれないというのはありえないですが、
できるだけ踏まれない様にするコツがあります。

それは曲のリズムに合わせて他の客と一緒にジャンプ
する事です。疲れたからといってジャンプをやめると、
ビシバシ足を踏まれる事になります(笑い)

しかし、これは年を取るにつれてどんどん難しくなって
きます。そう、体力がもたなくなってくるんですね…
今回、33歳の体が悲鳴を上げていましたが、
気合いで聞こえない振りをしていました(^_^;)

しかも、今回の彼らのライブは始まってから
90分ノンストップ!!!

そして、ライブが終わると、ライブハウスの前で
後輩と一緒に彼らの出待ちをしました(*^o^*)

出待ちなんて初めての経験です。
そして、出てきた彼らは非常に丁寧に接してくれました。
ファンを大事にしているんだなぁ~とわかります。

我々にも、一緒に写真を撮ってくれたり、色紙に
サインをしてくれました。

live0006


今日は本当に疲れました…(+_+)
でも、後輩とも話しましたが、仕事と違って
清々しい疲れです。

明日は、気持ちよく起きれる気がします。

では、おやすみ(-_-)zzz

ディープパープル(Deep Purple)8年振りの来日!!!

今日、イギリスの2大ハードロックバンドの1つ、
ディープパープル(Deep Purple)のライブに
行ってきました(*^o^*)
日本に来るのは実に8年振りです。

実は、8年前も上司(T次長)に誘われて、一緒に
ライブを聴きに行った記憶があります。


~ 回想 ↓ ~
今でも鮮明に覚えていますが、上司(T次長)に誘われた
のは前日だったんです。

しかし翌日のライブの日、私は夕方まで出張予定で、
夕方から新入社員歓迎会があったんです(+_+)
しかも私が歓迎会の幹事というオマケ付き。

場所決めから案内、集金まで全部やった後だったので、
最初は断ったのですが、「チケットが1枚余ってしまう…
何とかならへんか?」と言われたので、強行手段に
打って出ました。

まず手始めに、客先への出張を半ば強引に後輩に押し付けて、
続けて、当日の歓迎会進行を別の後輩に代わってもらい、
5時のチャイムと同時にT次長とキンコンダッシュ!!!

今でも思いますが…、何て悪い上司と先輩だ!…(笑い)
それに若いですね、8年前の私は(*^o^*)

~ 回想終わり ↑ ~

とまあ…8年前は諸々の苦労をして聴きにいったのですが、
この時はイアン・ギラン(ヴォーカル)の声の調子が
悪かったのか、あまり聞こえませんでした。

しかし、今回は声の調子がよさそうです(^o^)
8年前と同じく2階席にいたのですが、力強い声が
ちゃんと聴こえて来ました(*^o^*)

全盛期から衰え、喉も潰してしまっているにも関わらず、
69歳という年齢でハードロックバンドのヴォーカルを現役で
務め、かつあのパフォーマンスを行うのですから、驚きです。

衰えた云々は些細の事にしか思えず、純粋に尊敬に値しますm(_ _)m

私も、ああなりたいものです。今目標にしているアーリーリタイアは、
何もしないで済む生活を手に入れたいのではなく、好きな事を好きな
だけ、他人からのストレスなくやり続ける生活を手に入れたいからです。
私にその日が来るのはいつになる事やら…(>_<)

<追記>
ちなみに…新入社員歓迎会で、部長によって「T次長と私が歓迎会を
ドタキャンして、ライブに行った事」を、みんなにバラされちゃいました。

それ以降、この時新入社員として入ってきた後輩からは、今でも
「私の事より、ディープパープルの方が大事なんですね…」
と言われます…

それともちろん、今回も、その後輩にディープパープルのライブに
行ってくると宣言し、午後に休みをとって堂々と会社を後にした事は
言うまでもありません(笑い)

画像は、ライブ開始前の会場の様子。
※もちろんライブ中は、携帯等の電源は全て切って、写真は撮っていません。

live0001


live0002

資産運用について

こんばんわ(*^o^*)

今日は資産運用についてです。

私は日本株で運用しており、今の運用方針は「中長期での運用」
を考えています。

株を始めた当初、テクニカル分析に基づいた短期売買をしていたのですが、
少し儲かっても、どこかで大きな損失を出して利益をパーにしてしまったり等、
なかなか利益が安定しませんでした(+_+)

そこで、そもそも仕事が忙しい私には向かないのかもしれないと、
色々試行錯誤した結果、現在のやり方に落ち着き、少ないながら
も安定して利益を出せる様になってきました(^_^)v

そのやり方ですが、基本は「等間隔買い下がり売買」で、以下①~⑦の
ルールに従って売買しています。
①必ず、買いから仕掛ける。(売りからは、仕掛けない)
②仕掛けてから、株価が上がれば、決めた間隔で売る。
 例)300円で買い、30円幅と決めてれば330円で売る)
③仕掛けてから、株価が下がれば、決めた間隔で買い下がる。
 例)300円で買い、30円間隔と決めれば270円、240円、210円で買う。
④明らかな下降トレンドと判断すれば、買う間隔を大きくする事もある。
⑤明らかな上昇トレンドと判断すれば、売る間隔を大きくする事もある。
⑥基本的に、損切りはしない。
⑦損切りをしないリスクを回避する為、明らかな下降トレンドと判断すれば、
 含み損の拡大を防ぐ目的に、短期で売り仕掛けをする事がある。


そして、今年に入ってから株価が大きく上げているので、現在、ほとんどの
資産を現金という形で保持しています。
今は、日本プロセス(9651)を600株持っているだけの状態です。

そして昨日今日と日経平均は続落し、買いたくなる価格まで株価が
下がってきた銘柄が、ちらほら見受けられる様になってきました。
明日も続落する様なら、買いを入れるかもしれません。

あと、私の今の資金力ですが、下に張り付けたグラフをご覧下さい。
このグラフは、年の終わりの資産額の推移を表しています。
(横軸は単位がありませんが、西暦年の下2桁です)

ただ、前年との資産の差額が、その年の運用成績というわけでは
ありません。私はまだ働いているので、臨時収入(ボーナス等)が
入った時などに資金追加をしています。
ですので、当然その分を含んだ資産推移となります。

stock0001

消費税増税前の買い貯め品の整理

仕事が終わるのが遅く、しかも職場と家が離れているので、どうしても
帰宅してから、ブログを更新するのが遅くなってしまいます(>_<)

さて、今は買い貯めした物を少しずつ整理しています。
というのも、私も世間様と同じく増税前の買い貯めに走った結果、
かなりの量の物品を貯め込んでしまいました。

さらには、廊下に無造作に置いた事も祟って、つい昨日まで
通るのにも一苦労の状態でした(+_+)

これはイカンという事で、仕事から帰宅してから少しずつ片付け始め
ようやく目途が立ちました<(`^´)>

私は3階建ての一軒家で1人で暮らしており、部屋は全部で6部屋
あります。
その中の一部屋を倉庫として使っているのですが、倉庫には収まりきらず、
普段、客室として使っている部屋に溢れた物品を置くことで、対処しました。

その客室の様子がこれです…

house0001


客室は片隅だけですが、倉庫は部屋一杯に積み上がっています…
個人的にも、正直やり過ぎた感が…orz

ごあいさつ

はじめまして、管理者の”陽気なヴァルキリー”です。

当ブログでは、退職を決意した私が、実際に退職するまでに何を考え、
そして何をしたのかを書いていこうと思います。

他にも、私のもっと詳細なプロフィールや、なぜ退職を決意したのか、
少しずつ書いていこうと思います。

もちろん、退職した後に私がどの様に人生を歩んでいくのかも。

ただ、思った事をそのまま包み隠さず書こうと思っているので、
記事の内容を不快に思われる方がおられるかもしれません。
ですので、見たい方だけご覧ください。

まずは、ごあいさつまで。
livedoor プロフィール