サマンオサを救うと、城下町はお祭りムード。
村人達は、軽やかなダンスに、エアリアル、ポールダンス
で喜びを全身で表現しています(*^_^*)
live_0054

シーンは闘技場に移り、「みんな、目一杯好きな側を応援して!」
と演者は会場盛り上げる為に観客を煽ります。
私も徐々にそれに感化されて、音楽に合わせて手拍子し、
腕を振り上げます(*^_^*)

ここでドラクエ4のキャラであるミネアとマーニャも登場し、
中央でダンスを披露、観客から拍手が起こります。
live_0055

そこにヤンガスが「そこの変な帽子を被った人、邪魔で
(ミネアとマーニャが)見えないでゲス」と苦情。
…なんと、クリフトがいるではないですか。

そしてアリーナがクリフトを見つけ、「どこに行ったかと思ったら
こんなところでデレデレしてたのね!」と。
クリフトは「姫様なら闘技場にいるんじゃないかと思っただけ
ですよ」と言い訳するも、アリーナは強烈な一撃をクリフトに
お見舞いする(^_^;)

ここから闘技場でのバトルが始まるのですが、この後のグダグダ
な展開を考えると闘技場のシーンはいらなかったんじゃないかと。
まあ、闘技場でのモンスターバトルはドラクエを楽しむ重要な
ポイントの一つ。ショーに盛り込みたかった製作者側の思いは
わかるんですけどねぇ(^_^;)

アリーナ&クリフト vs バーサーカー

開始の合図があると、アリーナーが突っ込んで先制攻撃を
仕掛けますが、少しダメージを受けます。すると、クリフトが
キレて、「ザラキ」を連発。

しかし、プロジェクションマッピングでスクリーンに映された
文字は…
「しかし、バーサーカーにはきかなかった」
「しかし、バーサーカーにはきかなかった」
「しかし、バーサーカーにはきかなかった」
「しかし、バーサーカーにはきかなかった」

そこで解説のテリーが一言「ザラキは成功率が低い。乱発する
ものではない。」と皮肉る。

この発言は、ドラクエ4の第5章で、勇者以外の仲間の行動は
作戦にのっとって自動で動くAI戦闘である事からきています。
特に作戦を「ガンガンいこうぜ」にした時に、クリフトがボス相手
に効かないと(プレイヤーが)わかっているザラキを連発して
イラッとくるあれを表現しているのだと思います。
細かいですね(^_^;)

しかし一匹だけ効いてクリフトが喜び「効いた!」と叫ぶが、
アリーナが「一匹だけじゃない!」とあきれる。
そして、特技「爆裂拳」でバーサーカーを倒します。

第2戦目は「フローラ&ビアンカ」。
お互いにイオナズンとメラゾーマを打ち合うが勝負がつかず、
解説のテリーがパノンにどちらが好みか聞いて「おしとやかな
フローラさん」と答えると、ビアンカが怒ってパノンに攻撃、「いや
いやチャーミングなビアンカさん」と答えると、フローラが怒って
パノンに攻撃。「いい加減しないさい」と今度は2人で同時にパノン
に攻撃し、一時休戦して「おいしい喫茶店に行きましょう」と言って
どこかへ行ってしまう。

なんだ、このグダグダ感は…

気を取り直して、第3戦。
テリー&ヤンガス vs 死霊の騎士&悪魔神官。
開始早々に囲まれてピンチをむかえると、トルネコが登場し、
ステテコダンスをします。これはグッズの一つ「ステテコパンツ
タオル」を使っての踊りです。

しかし、「私一人では…」と、観客にステテコダンスの協力を依頼。
「ステテコパンツタオル」を持ってない人は、心のステテコを持って
踊って下さいと煽ります。
live_0056

私も最初のさいたま公演では、まさか公演で使うとは思っていな
かったのでグッズの一つであるステテコパンツタオルを買って
いませんでした。なので、心のステテコならぬエアーステテコ
パンツタオルで踊りましたよ(^_^;)
持ってない時と持っている時の両方を経験してわかった事ですが、
持っていた時の方が確実に楽しめました(*^_^*)
買ってよかったと思います。

踊っていると、モンスター達は戦意を失って去っていきました。
楽しかったですが、話の展開としてはこれもグダグダ…。
気に入った側に賭けて応援する競馬や競輪の様な闘技場
本来の楽しみはありませんでした(T_T)

しかし何度も書いていますが、ダンスやエアリアル、ポールダンスは
素晴らしく、すごいの一言しかありません(^_^)/

特に、このサマンオサのシーンから、「金髪で水色の服と水色のリボン
に紅白の縦縞のパンツのポールダンサー」が出てくるのですが、彼女
のパフォーマンスが他のパフォーマーとは一味違う味を出していて
最高でした(*^_^*)
また、観客を煽る時に、ピョンピョン飛び跳ねて全身で観客にアピール
する姿はとてもかわいかったです。(再びおっさん的感想で申し訳ない…)
後で調べたのですが、大越利奈さんという方らしいです(^_^)/

その後、本物のサマンオサ王からまだ手に入れていない最後の
オーブであるシルバーオーブが幽霊船にあるという情報を聞き、
勇者一人で幽霊船に乗り込み、シルバーオーブを手に入れます。

そして、ラーミア復活、バラモスとの対決へ