トルネコが出てきたのでドラクエ4かと思いきや、ストーリー
はドラクエ3。王様の命を受けてバラモスを退治する物語。

私のドラクエプレイ経験は3と4だけなので、この辺は非常に
ありがたい(^_^)/

竜の女王に扮する高橋洋子の声で、歴代の勇者の名前が読み
上げられ、ドラクエ1~10の歴代の勇者が登場、この時点で
一気にテンションが上がります。
live_0045

・竜の王に立ち向かった者
・父と子、世代を超えて戦った者
・天使でありながら世界を守り抜いた者
・二つの世界をまたにかけて戦った者
・果て無き世界で戦う者
・血に導かれ、手を携え、戦いし者
・仲間を導き、戦った者
・哀れな姫を呪いから救った者
・封印された世界を救った者

ワザと順番を変えていますが、どれがどのドラクエの勇者か、
「通」の方なら当然わかりますよね(^_^)/

特にドラクエ3は子供の頃特にやりこんだゲームで、
裏ワザなんかも知り尽くしています。
アイテム無限増殖で、賢者の石や幸せの靴、星降る腕輪を
全員に持たせたり、バラモスに挑んで全滅しても、全回復状態
でバラモスの前から始める事ができたり、ゾーマとの戦いで
流れる曲をあえて通常戦闘曲に変えてみたり…懐かしいです。

さて、脱線はこの辺にしておきましょうか。
歴代勇者の紹介の後、一転してバラモスと勇者オルテガの決闘
シーンに切り替わります。ゲームでは冒頭で「戦いの末火山に
落ちて絶命した」とアリアハンの王は言っていましたが、バラモス
との対決に敗れ、火口に落とされたんですね。知りませんでした。

後にも書きますが勇者オルテガ。本当に格好いいんです。
不運の連続で世界こそ救えませんでしたがその生き様が
本当に格好いいです。こんな父がいれば誇りに思いますよ。ほんと。

ドラクエ3と言えば、主人公が16歳になった朝、母親から
「起きなさい。起きなさい。私の可愛い○○○○や。
今日はお前が始めてお城へ行く日だったでしょう。」
と言われるところから始まります。

ショーでこのシーンはありませんでしたが、子供の頃、朝起きて
母親から「実はあなたは勇者だったのよ。さあ、冒険に出かけなさい」
と言われるのを夢見た人は多いはず。私もその一人です。
大人げないと思いながらも心はあの頃に戻っていました(*^_^*)

オルテガが敗れた後、シーンはアリアハンへ。勇者はアリアハンの
王様の元へ出向き、アリアハンの王はゲームと同じセリフを言います。

「父の後を継ぎ、旅に出たいというそなたの願い、しかと聞き届けた!
敵は魔王バラモスじゃ!世界の人々はいまだ魔王バラモスの名前
すら知らぬ。だがこのままではやがて世界は魔王に滅ぼされよう。
魔王バラモスを倒してまいれ!」

ゲームではここから、「ルイーダの酒場で仲間を見つけよ」とか、システム的
な話が続くのですが、さすがにカットされてますね(^_^;)
でも、このアリアハンの王役の人、すごいです。
威厳ある立ち振る舞いに、「倒してまいれ!」と命令する時の迫力と
言ったらもう…鳥肌もんです(*^_^*)

そして、仲間登場へ。