明日(2/11)出勤するつもりは微塵もなかったのですが、
出勤になってしまった。
あるソフトをある業者にアウトーソーシングしたのですが…

ソフトの納品を受ける
    ↓
作業1:納品物一式の確認
結果 :資料が誤字脱字だらけ
対応 :返却して訂正依頼
    ↓
作業2:ソースコードチェック
結果 :バグ(設計ミス)を発見
対応 :返却して修正依頼
    ↓
作業3:納品物のテスト仕様書の通り操作する。
結果 :合格と記載されているテストがまさかの不合格。
対応 :返却して修正依頼。
     担当者を呼びつけてテストのやり直しを依頼。
    ↓
作業3:実機を用いての各要求仕様の機能テスト。
結果 :やっと合格
    ↓
作業4:実機を用いてのシステムテスト
結果 :フリーズするパターンを確認。
対応 :原因解析とその修正を依頼。
    ↓
この時点で、明日(2/11)休めない事を悟る。
    ↓
作業5:実機を用いてのシステムテスト(続き)
結果 :データの互換性が失われていて、客先データ
     を取り込むとデータが化け化けに。
対応 :修正依頼。
    ↓
検証が終わらないまま、明日へ。

言葉の壁がある海外の業者ならいざ知らず、日本の業者で
ここまでいい加減な対応をされたのは久しぶり。
テスト仕様書に「嘘」の合格が書いてあったのには、
さすがにマイッタ…。

明日出勤して、この案件を片づけてきます(^_^)/