今日、仕事が終わってから更衣室で私服に着替えていると、
お酒が好きな後輩(毎年サマソニに一緒に参加している後輩)
とばったり会いました(*^o^*)

せっかくなので、駅まで話をしながら帰ったのですが、その中で
昨日の記事サントリーのウイスキー値上げの話が出てきました。

そこで、今買っておくと儲かるのではないかという展開に。
この話が面白かったので記事にしました。

なるほど、私は全て飲む為に買い貯めしていますが、
「この時期限定の投資対象」として見るんですね。
おもしろい発想(*^o^*)

例えば…
ステップ1:1万円までのウイスキーを50本程ネットで安く仕入れる。
ステップ2:サントリーが予定通り2015年4月に値上げ。
ステップ3:その他酒造メーカーも追従して値上げするかも…
ステップ4:2017年に消費税増税。
ステップ5:ネットで、1本あたり5000円高い値段で売る。


このステップを踏めば、売るまでに実施される「値上げ+消費増税」
の効果により、買値より5000円くらい高い値段を提示しても
高いと感じずに売れるのではないかと。

確かに、理屈は通っていますね(^_^)/

さらにさらに、話の中で後輩は、このウイスキー投資に、
他にはない独自の魅力がある事を見出しました。

それは…損切りが「苦」ではない事。

最初は何の事かなと思ったんですが、ここでの損切りとは、
「損切り=自分で飲む」という事らしい。

売れれば儲かってそれで良し。
売れなければ、おいしく飲んでそれで良し。
なんて魅力的な投資なんだ!!!


という論理でかなりハイテンションに。
なので、駅で別れる前に釘を刺しておきました(^_^;)

仮に50本程仕入れたとして、2017年まで待たずとも、どうせ
3日もしない内に、1本目の損切りが始まるんじゃない?(笑い)

飼主から「待て!」の指示を受けた犬が、エサの前で
必死に耐えるが如く、目の前にあるウイスキーを飲まずに
ガマンできるかな?



今までのハイテンションが嘘の様に、一気にテンションが
落ちたところを見ると、どうやら我慢は無理な様だ(^_^;)
いらん事言ったかな…