少し間が空いてしまいました。先の記事の続きですが
内容は全く違います。前の記事を表とするなら
こちらは裏でしょうか(^_^;)

もう10年近く前に会社を辞めてしまった方なのですが、
私が「心の師匠」と慕っていた先輩がいます(*^o^*)

やる事なす事非常識で、熱くてとても面白い先輩だった
のですが、その先輩に滋賀県の奥伊吹で毎年やってる
町おこしイベントの「雪合戦」に誘われました。

まあ、誘われるというか半ば強制的にチームに入れられた
わけですけどねぇ(^_^;)

しかもチーム名が「カワカームリン」

…下ネタかよ!!!


さてさて、このイベントではいつも議員さんが開会のあいさつを
されるのですが、毎年いつも

「私はいつか雪合戦をオリンピック競技へ!」

なんて事を言っています。

それを受けて先輩は、

「俺はこの言葉を信じてる!!競技人口が少ないから
そうなったら、俺たちオリンピック選手やで。
そこでもし、間違ってメダルを取ろうものなら
俺たち一気に有名人で、講演で食っていける」


なんて言って、練習までしているんですよ(笑)
その時は笑いとばしていたんですが、
最近そうでもないかなと思い始めています。

というのもつい最近まで、うちの生産部門に、生産ライン
自動化の為の「ト○タ式生産方式」のノウハウうんぬん
(内容はよく知りません)のコンサルが入っていたのですが、
裏情報でその料金が1回(1日)80万円くらい
だという事がわかりました。

この時驚きを隠せず、「何っ!そんなに高いの?
ぼったくりやん!」と言ってしまいました。

しかも当初は、垂直立ち上げの為の集中講義と称して
週3くらいで来ていたので、どれだけのお金がその
コンサルに流れていたかを考えるとゾッとします。

我々は、会社でも数円とか数十円単位で経費節減という名
の節約をしているのに…

そういえば私の所属する開発技術部門にもコンサル
が来た事がありましたが、その時は1回50万円
でしたので、これくらいがコンサルの相場なんでしょう。

先輩が言ってた毎日講演の日々…まんざらでもありません。
というかおいし過ぎますよね!!!

自分の経験や知識を教えるというのが、こんなに儲かる
とは思いませんでした。
今更ながらですが、私もその様なポジションに付けるなら、
狙ってみたいですね。

ただ私が持っているのは…
①電気/電子の専門知識と経験(私は元電気技術者です)
②ソフトウェア(プログラミング)に関する専門知識と経験
③ITの知識

う~ん、これでは無理っぽいですね(^_^;)
塾や専門学校の講師がやっとという感じか…
もっと、誰もが欲しがる知識、技術、経験に絞りつつ、
オリジナリティを持たせなければ…

という事で今すぐには無理ですね。
もう少し時間をかけて熟考し、退職後の収入源候補の1つ
に加えておこうと思います(^_^;)