お盆の間にやっていた事…それは住宅ローンの借り換え
の本審査申込みの必要書類の作成です(>_<)

その為に自宅、市役所、法務局、銀行を走りまわってました…

まず、市役所に行って、住民票1通と印鑑登録書3通をGET!

次に法務局に行って、家の土地と建物の登記簿謄本と
公図、測量図をGET!

これを銀行のローンプラザに足を運んで、書類の不備や、足りない
書類がないかを確認してもらいながらやってました。

最後は申込書類にひたすら記入…複写になっているので
強めに書かなければならず、書き終わる頃には、手が痺れて
指が思った様に動かなくなっていました(^_^;)

その後、家に実印を忘れたので、家に帰って実印を押してから
またローンプラザへ戻るというオマケ付き(+_+)

そして、何とかお盆休みの間に申込みを済ませて一段落
したと思った矢先、今日、0.7%で本審査が通ったと連絡が
ありました。

・・・早やっ!!

事前審査は2週間もかかったのに、本審査はわずか2日でした。

事前審査と本審査で、申込み書類に書いた内容は同じなので、
おそらく、本審査では事前審査に記入した内容を、提出した
証明書類で裏付けを取っただけなのでしょう(^_^;)

そして、現在借りている銀行に繰り上げ返済の通知と時期の
相談をする為に電話したら、思わぬ切り返しが・・・

「”借り換え”と同じくらいの効果が出るくらいまで金利を下げるので、
うちの銀行から借り続けて欲しい…」と言われました(@_@)

このご時世、いつ何が起こって働けなくなるかわからない時代です。
結婚でもしていれば、仮に夫が働けなくなっても、妻が働く事が可能
でしょうが、私は独身でこの身1つです。
病気にでもなればおしまいなので、銀行からみたらリスクが
高いはずです。

…なのでてっきり、銀行には「全額返済で、1つリスクが減って良かった!」
と思われると思っていたので、驚きました。
何だか嬉しいですね。
一応、優良なお客と思ってもらえていたみたいです(*^_^*)

明日、今借りている銀行の提案を一応聞きますが、ここまで準備した
のですから、よほど上回る魅力でなければ、借り換えを実行する
つもりです。

でも万が一…魅力的な提案が出されて、「やっぱ借り換えしない」
なんて言ったらりそな銀行が怒るかもしれませんね…(^_^;)
その瞬間の「痛い空気」は想像したくないですが…