現在の生活費をベースに、退職後に経費として発生する
生活費(1か月分)を算出してみました(*^o^*)

今の生活水準のままのパターンと少し節約したパターン、
そして、年金全額免除をした時のパターンを作って
みました。ただ…

★パターン1(現状の生活費ベースで試算)
・家のローン     : 45,000円
・電気代       : 8,000円(夏の電気代から算出)
・水道代       : 4,000円(夏の水道代から算出)
・eo光        : 8,000円
・固定資産税(月割) : 6,000円
・国民年金      : 15,000円
・国民健康保険(月割): 6,000円
・携帯        : 5,000円
・食費        : 30,000円(1日1000円)
---------------------------------------------------
            127,000円

★パターン2(少し節約した生活費で試算)
・家のローン     : 45,000円
・電気代       : 6,000円(夏の電気代から算出)
・水道代       : 4,000円(夏の水道代から算出)
・eo光        : 8,000円
・固定資産税(月割) : 6,000円
・国民年金      : 15,000円
・国民健康保険(月割): 6,000円
・携帯        : 5,000円
・食費        : 24,000円(1日800円)
---------------------------------------------------
            119,000円

★パターン3(現状の生活費ベースで年金全額免除にした場合の試算)
・家のローン     : 45,000円
・電気代       : 8,000円(夏の電気代から算出)
・水道代       : 4,000円(夏の水道代から算出)
・eo光        : 8,000円
・固定資産税(月割) : 6,000円
・国民年金      :    0円
・国民健康保険(月割): 6,000円
・携帯        : 5,000円
・食費        : 30,000円(1日1000円)
---------------------------------------------------
            112,000円


★パターン4(少し節約した生活費で年金全額免除にした場合の試算)
・家のローン     : 45,000円
・電気代       : 6,000円
・水道代       : 4,000円
・eo光        : 8,000円
・固定資産税(月割) : 6,000円
・国民年金      :    0円
・国民健康保険(月割): 6,000円
・携帯        : 5,000円
・食費        : 24,000円(1日800円)
---------------------------------------------------
            104,000円



少し節約したパターンでも、もう少し削らないとダメですね(^_^;)

どこを削ろうか…

・電気代とかは、請求料金が一番跳ね上がる夏の料金を元に
 しているので、何もしなくても通期ならもう少し安くなるでしょう(*^o^*)
・携帯料金も毎月5000円も払っていないので、何もしなくても
 安くなる方向でしょう(*^o^*)
 ※解約すると、外部との連絡に支障をきたすので、持ち続ける
  事になると思います。
・食費も自炊にしたら、さらに安くできるでしょう(*^o^*)

無理なく安くできるのはこんなところでしょうか…厳しいぜぃ(+_+)

退職への道はまだまだ険しい様です(^_^;)